そのひぐらし

そのひぐらし。日記のようなことを書きます。気に入ったらぜひラブコールをどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

たいとるなし

びば!がくせい!

びば!ふりーだむあんどそうるふるでいず!


びば!海水浴場のお姉さん達!


あーーーーーーー!!!!!!!!


かんじょうはしるしげきまっくすいのちとせかいのゆうごうだ!



なにもできないおれ。



でもなにかしなくちゃならないいま。

じかんはあまりないようで、もしかしたらずっとなにもおれをしばるものなどないのかもしれないね。




いのちほとばしるゆめとげんじつのさかいめなんてなくなってしまえ、おれもあなたもきみもおまえもあなたさまも、よろしくおねがいいたします。さようなら。国家ラサ機の人生大変なことばかりですよ。
スポンサーサイト
  1. 2007/03/15(木) 12:29:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

身体→器官



身体→器官

もしくは

全人的→器官



器官的ニンゲンとはどういった現象なのだろうか。
  1. 2007/03/08(木) 10:01:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

それっ

魔法がずっと解けています。あのころの気持ちっていうのが思い出せない。そんな生き物なのだろうか、所詮、ぼくたちは。しぜん、夢も現実的になって、明日の予定が苦し紛れに僕を満たしているそんな目覚めにいつも大量に汗をかいている。どこかに堕ちていく、びくっとする夢ならまだいい。僕はずっと同じ地平にいる。このどこまで行っても同じ景色の世界の中に、もうすぐひとりになれるだろうか。意味もなく、また意味もなく、ずっと意味がない。いみがない。ことわりもなし。断られることもなく・・・・・。

明日があさってのほうこうにあるような未来を信じていました。



心の裂け目に飲み込まれる3歩前。だから俺は足が進まない。うずくまってその裂け目の深さを見る気もしないで途方に暮れたまま膝を抱えて何かに救いを求めてる。力のない声で。こんな太陽のない日はすぐにつらくなってしまう。言葉の力が弱くなっていく。どんどん魔法が解けていく。ぼくにちきゅうのくうきはあわないんだ。


かっこわるくてざんねん。


だれも必要ないと思っています。たぶん今でもそんな風に思えるのです。それだけが救いだからね。



ぱわーーーーーーーーーぜんかい!!!!



嗚呼、すげぇくるしいわ。



  1. 2007/03/05(月) 14:20:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。