そのひぐらし

そのひぐらし。日記のようなことを書きます。気に入ったらぜひラブコールをどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

休校!キューコウ!

休校に続く休校!昼のゼミも休校,夜の学校も休校.一日予定が無くなりました~.うれしーうれしー!本でも読もうかな.ふぇふぇふぇ.ということでこの時間帯にまだ髪ぼさぼさ寝ぐせヘアーで庭に出てみると今日のお天気はくもり.少し寒かった.昼はかーちゃんが作ってくれた冷麺.寒いよ,かーちゃん.そして庭に咲いた雑草たちに囲まれながらしばし「関係」を求める自分について考えてみた.俺はとっても人との関係を求めている.恋人とか友達とかバイト仲間とかなんでもいいんだけどとりあえずどんな形であっても関係,関係.それがないと寂しいじゃん,みたいなね.いや,正確に言えば,よりお互い向き合っていると言える関係.満員電車でやれ誰が靴踏んだとか誰が寄っかかって来たとかそんなヤッツケ合い的関係じゃなく.その関係があって自分が幸せになるような.しかぁし!それを求めるには長く苦労のいばらの道を経て行かねばならない.まったく違う人間が二人いるんだからそこには少なからず衝突があり,ましてやより多くの人と関係を作るためにはその衝突をたくさん経験していかにゃあならん.とても嫌になってへこたれて.そんで「幸福論的所産物および...」みたいな日記を書く.旅について書いたのがあって,人生は旅でなくちゃならん!ならんならん!みたいなことを顔真っ赤にしてムキになって叫んでるようなヤツなんだけど,いやしかし理想はやっぱり旅だなぁ,と今改めて思う.それはその猿の求めている関係までの道のりに疲れたからという消極的な動機からだけじゃなくて,つまりその「適度に旅」っていう感じの人生って頭カチコチにならないためには必要なんじゃないかな,とね.自分が今信じているモノが,その人が安全に暮らすために用意した社会の中では自明のモノであり,非難されたりしないみたいなね.楽しいかもしれんし,あんまり問題なく,しかもけっこう人に迷惑かけないで生きていけるだろうね.しかしそんな状況は打破してしかりだと俺は思うんです.そして飛び出してみないと拡がらない視野ってもんがあるんじゃなかろうか,とね.そのための旅ですよ.できれば逃げるためではない方がよい.それは思考における旅みたいなモノも含めてね.そっちの方はまぁけっこう自分勝手に進められてしまうかもしれないけれど,ソフィーの世界とかそんなん読んでても,あれも旅だなぁ,というわけで.しかも色んな小説の主人公は旅するでしょ...つまり知識欲と旅っていうのは似ていると思うんですよ.準備段階で常に思考は外に開けている.そうしてどんどん吸収するからさらに難しい問題に取り組める.学問におけるゴールがないように,旅という,終着点のないものが「人生」なんではないだろうか.誰か他人との関係というのは,常に自分に有利に働くもんじゃないし,それでこそ逆に「俺は安心とか安定とか求めているわけじゃねえさ,かかってきやがれ!」ぐらいの心持ちでいられるんじゃないでしょうか?
ちなみに俺はすぐ「安定」「安心」が欲しいと言ってしまう人間なんでこんな強がり的発言を敢えてしていますが,こんなこととうの昔に承知済みで,とてもしっかり生きている人はいっぱいいっぱいいます.そんなわけでそこんとこは「まぁ,猿はまだ小猿だから好き勝手言わせといてやれ」ぐらいに受け止めておいてください.
ふ~..いやぁ髪ぼさぼさのまま人生語ってしまったぜ.
20050506122453.jpg

スポンサーサイト
  1. 2005/05/06(金) 12:25:44|
  2. うれしかったこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<過去の産物7 | ホーム | 猿よ学べ,そして人へ...>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://utyujin.blog9.fc2.com/tb.php/14-4e732c8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。