そのひぐらし

そのひぐらし。日記のようなことを書きます。気に入ったらぜひラブコールをどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

俺の一歩

僕の一歩はとても大きい.
昨日までの足跡が振り向いた向こうには見えないから
昨日までの自分に「さよなら」すら言い得ない.
それがとても幸せな悲しみであることは知っているが
人は一つの生き方を信じて先にすすまなけりゃいけない.
僕の選択は,
今まで必死で行ってきた数々の不幸な選択は,
自分の心の真実に触れた瞬間に泡と消え,
自分が作り上げてきたアイデンティティなんていうものを容赦なく打ち崩す.
これを運命と呼ぼうか,
理性的判断,または老いに似た成長と名付けるかはさして重要な課題ではなく.
今ここに自分がいることこそが真実であり,
いま感覚することこそが,生きている証であれば良い.
愛について自分が作り上げてきた唯一絶対のための世界(美しき偽物)は,一瞬の実感に取って代わられて,僕の感覚主義は信頼に足るモノと知る.
人の傍にいることで自分が欲したモノは明らかにされなかったけれど,
いつかこの長い旅路において再びそれが求められるのならば,きっとその手段の方が正しいのであろうし...
今はまだ判断はしない.判断など.
正しさが自分の作り上げた虚像に過ぎないと気づいたとき,
俺は自分を補完して,
きっと満ち足りてしまったのだと思う.
僕の一歩はきっと物理的法則を無視して自分を彼方に追いやってしまった.
明日に進む日まで
俺はここにいようと今は思っているのです.
スポンサーサイト
  1. 2005/07/21(木) 00:42:15|
  2. 愛のために
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<温もりよ,こんにちは | ホーム | ノラ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://utyujin.blog9.fc2.com/tb.php/69-4002fd67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。