そのひぐらし

そのひぐらし。日記のようなことを書きます。気に入ったらぜひラブコールをどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

送られ会by社学のある友人

今日は社会学科の友人とサシで飲みに行った.
彼とは二年生のときに自主ゼミで知り合い,その後教職の介護等体験などを一緒にやったりゼミが同じになったりと,学校でも会えばまじめな立ち話するような変種的な友達となった.しかし,今日知ったのだが,彼は俺のことを初対面ではあまりよく思わなかったらしい.俺がさわやかぶった,軽薄で思慮に欠けた男に見えたそうだ...ただし,今はその警戒も解けてきていて,彼ともこうして飲みに行く間柄になってきた.
たしかに彼の言うことに思い当たらないふしもない.そのような態度は,日陰者と感じてきた石川県での暮らしから脱した俺が反動的に憧れた,とっても底の浅い処世術であった.俺はそういう態度と本来の自分とのギャップにいつでも苦しんでいたし,「それでも本当は真面目な正直者なんです」なんてことは言えずにいた.そうして過ごしてきたこの3年間で,俺が得たモノは少なくなく,また失われたモノも少なくない.それは単純に良い悪いという二元論ではなく,得たモノの中にも嫌なモノ,失われたモノの中にも過去の欠点などがあり,単純に計算のできない複雑な成長なのだと感じる.
彼とはビールをたくさん飲んだ.台風もなんのそので,とにかく酒を飲み,背伸びした世相についての話題や,真面目な話題,楽しい話題でもりあがった.さすがに台風がひどくなるといけないので,早めに切り上げると(実は4時から飲んでいた..)品川駅で彼と別れた.
こうして一人一人,自分の過去を知る人との別れが来るという考えは,俺を少し寂しくさせた.
スポンサーサイト
  1. 2005/07/26(火) 22:38:53|
  2. うれしかったこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<送られ会byまつり | ホーム | 「象徴秩序という人間の認識の概念的な総体の話」についてのノート>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://utyujin.blog9.fc2.com/tb.php/75-0c29d5e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。