そのひぐらし

そのひぐらし。日記のようなことを書きます。気に入ったらぜひラブコールをどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日々新しく前向きに

一日がまた半分を過ぎて,僕は部屋の大掃除をしてみました.
気持ちよく快適なスペースを作るはずの計画が,なぜか足の踏み場のない状況を作り出してしまい,少し泣きそうです.
掃除をするとたくさんの懐かしいものが出てきます.沖縄や鎌倉のガイドブック,昔の写真,誕生日にもらう色紙,読んでいない文庫本,少女マンガ,ビデオテープ,それぞれ三ページぐらいしか書かれていない日記が数冊,不必要な電気製品,何かのおまけ,などなど,なかなかバラエティに富んだ品々が現れました.
そんな中に「大学ノート」と名付けられた,雨でふにゃふにゃ~となったノートが出てきたので,「さて猿はどのくらい勉強していたものか」と開いてみました.そうするとやっぱり始まって6頁目,地理学の授業で終わっていたのですが,始まりの1頁に書かれていたのは,Mさんへ宛てた19歳の誕生日祝いのメッセージでした.そこに書かれたまだ18歳の自分の真っ直ぐで前向きなメッセージに,僕は正直うちひしがれました.特に隠しておくものでもないと思うので,重要な部分だけ抜き出して書いてみます.わかる人はあの頃の空気,懐かしみながら読んでください.

誕生日おめでとう
25日の夜,Jの家の前の階段で語った以外,あまりMとは話したこともなかったように思います.この手紙を書く日が来る時点で,気持ちの入ったことが書けるきっかけとなって良かったです.
俺の誕生日プレゼントは「日向花」です.俺はこの花はけっこう好きです.日に向かう花.たくさんの花があって他の花だってもちろん日に向かって咲いている.だけどたぶん他の花より少しだけ頑張って太陽に向かおうとするからこんな名前なのかなと思います.
生きていると嫌なことも言われるし,嫌な思いをすることもあります.自己嫌悪も人と気まずくなることもあります.人に優しくできないことも,死にたくなる時もあるでしょう.でもきっと,いつでも輝いていて暖かいものが自分の中にはあるのだろうから,少しでもそちらを向いて生きていけるといいな,と思います.ずっと前を見て生きていけというのではなく,自分の中に閉じこもってしまいそうなとき,「日向花」を思い出して,真っ暗な中で,例え微弱であろうとも光を信じてあげればいいのだと思います.
これは半分Mへの,そして半分自分へのメッセージかな,と思います.19歳というオトナとコドモの間の一年を,大切に楽しんで生きてください.

...という内容(多少表現の修正と意味不明部分の編集あり)なのですが,こーんな明るいことを堂々と人に言えるようなヤツから今の自分を見ると,情けなくてしょうがないだろうなと思います.
まぁ「ヒマワリ」は「日向花」ではなく「向日葵」であるという大きなミスはさておいて,大事なのは,18歳の猿君の純心カムバーーーーーック!っていうことなんですよね

日々に喜びを,日々に変化を,努力を,成長を.そして日々を認めて,自分を愛する「自分」を取り戻してあげなくちゃいけないなぁ...
  1. 2005/06/01(水) 15:13:13|
  2. 明日のために
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

いろんな友達

俺には色んな友達がいる.年とか国籍とか職業とか,まじバラエティに富んだ友達がいる.たしかに全員が全員超フレンドリーというわけにはいかないが..その中でも一,二年と同じサークルでやった奴らは特に仲がよい.基本的に人は苦手で心は常に頑丈な扉の中にしまい込んでる俺でも本当に近い(心理的な距離がね)奴らといると和む.まぁKなんかはなんも気にしないで付き合えるお馬鹿代表だし,ろん♪を始め女性たちはほとんどサシでドライブ行けるくらいの感じ.海苔男はいつも額に海苔を貼り付けている海くさいエセ法学ヤロウだけれども悪いヤツではない,ぎりぎり.エロいがね.そしてヤクザ兼駄目な大学生とか,キレキレ野郎ズやら,学科が同じな田舎の巨人やらなんか色々いて,そいつ等といると楽しい.俺は疲れない.まぁそんなことを書きたくなったんだよ.急に.
だってもう書くことねぇんだもん.ブログ飽きちったぁ.おやすみ.
PS:プレイステーション
今度みんな海に行こうぜ.もちろん俺の運転でな!
  1. 2005/05/13(金) 00:37:47|
  2. 明日のために
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

それでも夜は更け

なんてかっこいいタイトルで登場してみました今日の猿は朝早起きをしたことと一日お外にいたことで疲れがたまっています.ううん,大人って難しいなぁ.なんか「自分」ていうのができてくるとその分「他人」ていうのは受け入れられなくなるんだろうなぁ,とそんなことを書いている自分もしかり...柔軟でいることは何よりも大切だなぁ,と思う.自分は何を基準に人を見分けているのか?感覚的なものでもあるだろうからきちんと説明はできないけれど,とっても格好良い男の人とは仲良くできなかったり(ごめんよ男猿友達の原人ども)学歴のある人に引け目を感じたり,逆に無い人を軽視してみたり...やっぱり少なからずあると思う.しやし人を否定することは基本的に俺には無い.心に余裕がある限り全部受け入れちゃったりする...う~ん,「無い」というと語弊がありますが,ほとんどない.そんな彼,彼女にはあまり進んで関わりを持たないかもしれないけれど,完全に否定できないのは一応基準として自分があるからね.自信のなさもこの点では江口猿の美点になると思うわけよ.しかし,とても人の悪い点を断定的に(つまり自分の意見をあたかも普遍的真理かのように豪語し,誰かの存在を全否定する)言い切り,距離を取るのではなく,口撃し,排除しようとするその態度に俺は悲しさを覚える.怒りであるうちはその人が広い視野を持ってくれるといいな,と思ったりするのだが,説得を試みても石のように固まってしまった彼,または彼女を見るととても俺は悲しくなる.彼らの生き方を変えるだけの力は今の猿にはない.いや,変えるべきだ,という前提で話している自分の考えも自信を持って語れる強い証拠を持つわけではない.ほっておけば良いという生き方もあるだろうし,俺も以前よりだいぶ関わらないで生きることに慣れはしたと思う.いかんせん俺の「はっきりした強い主張を持たない」という態度は説得力を持たず,「目立たない」日本人教育の産物という具合にしか人の目に映らないかもしれない.そういう意味で柔軟と中途半端は同一なのかもしれない.つまり主観的判断に任されるレベルで俺は自分のありかたにある自信を持っているというわけだ.そうした上で言わせてもらう.天は人の上に人を作らず,また人の下に人を作らず...俺の小さな狭い心よ,それを信じて生きてくれ.物事の価値と真理は君の中にある.
ああ,俺自分のこと美しく書きすぎた.ごめん,いっぱい訂正したいけどもう眠いから寝るわ.
  1. 2005/05/10(火) 00:09:52|
  2. 明日のために
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

猿よ学べ,そして人へ...

おはようございます.連休ももう終わりに近づいて,俺は今日学校がある,,,(TT)
今朝は「猿がそもそもなんでこのブログを始めようと思ったか」について,ちとひとことぐらい.
そう,これには結構ある一つの明らかなきっかけがありまして,あれは連休といっても後半まで予定の続かない猿が暇つぶしにパソコンをいじっているときでした.大天使という人(?)が作っているブログとやらに遭遇しまして.そこで「友達の卒論を読んで考えたこと」みたいなタイトルの記事があったんですよ.そこには自殺に関して触れてある文章があり,早速ちょい意味不明系のレスをしたところなんかうずうずして自分もカキターイ!みんなとハナシターイ!ってなっちゃって動物的自制心のなさでこのブログを開始してしまったという次第でございやす.というわけで始まりましたので,この中に展開される様々な日本語の連なりは言わば「猿学」!多くは猿が外国文学から触発されてこれもまた衝動的に描いた自分には読める心の地図みたいなシロモノなんでおつきあい頂くのは苦しい時もあるかもしれない.そんなときは意味など考えず,むしろ読み飛ばしても構わないのでご辛抱いただけるとうれしいです.

そして昨日のバイト関連でもう一つ.俺日本語の勉強してるのに敬語がおかしいみたいで客に2回も笑われた...しかも昨日はキッチンだからほとんどホールに出ていないのに2回,,,あうち
  1. 2005/05/06(金) 09:51:04|
  2. 明日のために
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビールのある時間

そう,まさにこの瞬間,夜は12時くらい,この,新宿から20分の住宅地が静まりかえる頃,俺はビールを持ってパソコンの前にいます.とても気持ちの良い時間.大抵バイトとか学校帰りで人をいっぱい詰め込んだ電車に乗って駅から家まで歩いて足が重くって体もくたくたで,あとは「よしビール飲んで寝るぞー!」というこの時間.ビールといっても実はあの炭酸お酒の安い奴ではありますが,そんなのじぇんじぇん関係ありましぇん.近頃は業界の努力で味の良い品もけっこうあり,「よきかな」という感じ.当然頭もぼけぼけになりますが,猿はぼけぼけよろしくの基本姿勢なんでそこんとこよろしく.バイトではキッチンに入っているのです,最近は.今日もガンガン覚えてきました.しかし冷凍してあるパックとかビビッてやってバッて中身出してチンとかジュジュジュとかやるだけなんでやす.うまいけどね.HUBっていう店5時から7時はカクテル安いんでヨロシク!しかもHUBエールっていうビールがマジ極上!超ウマ!というCMでした~.
帰り道では誰かが「忘れないで,君のことを僕は必要としていて,同じように,それ以上に想っている人もいる.あなどらないで,僕らにはまだやれることがある」なぁんて言っておったね.うんうん.こやつらは少し他人にウケる言葉を選びすぎな感はあるけれどもなかなか納得(ポジティブ)なことをずばり言うよね.昔は「車の中で隠れてキスをしよう」とかこっ恥ずかしいことしか言わなかったのですがね.
ううむ,頭がぼや~んとしてて今日はもう何も言うことはございません.ようし寝るぜ!容赦なく寝てやるぜ!明日のゼミも何のその!禁断の園!なんちゃって...
20050506112312.jpg

  1. 2005/05/06(金) 00:55:30|
  2. 明日のために
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無罪モラトリアム

え~,歌舞伎町の女王のあの人の昔のアルバムです.あ,おはようございます,猿です.あ~,あれ最近聞いてないけれどまた聞きたいなぁ...どこいったっけなぁ...ま,いいや,え?モラトリアム?ってなに?いや,知らんよ.知らんよねぇ,君?ははは...
え~,もとは経済学用語の支払い猶予期間のことです.しかしNEETやらフリーターなどの文脈の中で,社会に出るまでの半人前期間(準備期間?)としてよく耳にする言葉ですねぇ.おそらくまさにここ!今!我らのいる位置!ちなみに今でこそこのモラトリアム期間の延長ということが若者に望まれる傾向にあると聞きますが,昔(っていつのことだろう?)は半人前期間ということで早く脱するべき苦痛の期間であったとどこかで読みました.ラジオの放送大学で「生涯学習」ってテーマでおっちゃんが話していました.発達という言葉がうんだらかんだらで,つまり現在の生涯学習の文脈では,発達は一生涯続くと考えられ,「老い」というのは肯定的に受け止められるべき時代となっているのだ,という風に何か説明しておりました.僕は箱根の山をノンブレーキで攻めながら聞いていたわけですが,(あ,ちなみに猿@免許所持です)思いました.「自分ごまかしてるみたいで少し悲しいな」みたいなね.だって人間というのは会社の中にきっちり人生の中でイケテる時期を捧げる訳ですよ.そうして「ふー,やっと一息つけるぜ」といった頃には胃に腫瘍とか肺に腫瘍とか尿路結石とか歩けませんとか,そんな重石を体に背負っているわけですよ,そりゃみんながみんなそうではないし医療も進んでいますがね.しかも人口比率的にもそんな人たちメインの時代がやってくる.いや,もうやってきている.そんなときに日本国民の注目はやっぱり「生涯学習」なんですよ.そこに込められたメッセージは「若いうちは働こう!年とっても今の日本は遊べますよ」みたいな感じ?どうだろう,俺は良心あるいち青年としてそれを否定的にこき下ろすなんてぇことはできません.しかしどうだろう?「補償」のように聞こえてしまう部分もある.ボランティアもはやっている.しかしある人は言いました.「ボランティアというのは実は不可視的な国による労働力の搾取である,また国家動員に導かれやすい国民を生み出す」.僕はそうは思いません,ボランティアは,日本においては少し動機が不明瞭ではありますが,とりあえずすさんだ社会に現れ得る自浄作用ぐらいの説明はできるのだろうと思います.でもどうだろう,汚れちゃったものを残りの人生かけて洗い流して精算して,,,素晴らしいけれど,「人生ねぇ,,,」みたいなね.僕らは一個の人間であり,急に,「悟り」のような超客観的とも言うべき視点を見いだす,つまり外殻的に僕らの世界を支配している視点を得ることは難しい.「マトリクス」みたいなね.もちろんそんなモノがあると仮定してですが...いや,どんなに修行に励んでも無理なのかもしれない.そうしておそらく哲学はネガティブ,生涯学習的補償作用はポジティブだと考えるのです.いや,俺は,少なくとも今の猿はそう考えるのです.
  1. 2005/05/05(木) 11:35:25|
  2. 明日のために
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

猿は猿らしく

どうでしょうか...?お猿さんがいかにちっこい脳みそで悩んでいたかわかるでしょう?ちなみにお猿さんの脳内戦争を言語化したもので現存するのはこの「幸福論的所産物および日記殺し一本締め」という2004年10月から2005年1月までの日記的なものぐらいです.それ以外は人に送る手紙という形で書かれたものがいくつかありますが,そちらにも腐ったものがいくつかあります.公開するかは未定.たぶんしない...
また,積極的な発言を猿の住む猿山に向かって投げかけてください.このブログ(?)はそのような場所であります.しかしこれからは「幸福論」というサブタイトルを心の中に設けてやっていきたいのでよろしく.それでは1日目をこんな形で終わらせていただきやす.
  1. 2005/05/04(水) 21:01:22|
  2. 明日のために
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やってきたぜ,江口猿登場片っ端からほみゃらら~

こんばんは,ついにやってしまいました.俺の周りにもすでに手を出してる人は多く,廃人もちらほらというこのブログ!猿の,猿による,猿のためのブログ.江口猿,ガンバレ!猿さんの輝かしい軌跡や何かをとりあえず書こうというこのブログ....え~,まず「ブログ」って何(?_?)何語?という世界な僕ですが,ブラック&ハートフルな猿世界を展開するつもりなのでよろしく.
  1. 2005/05/04(水) 19:36:28|
  2. 明日のために
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。